テレワークが見せた働き方改革

NO IMAGE

「働き方改革」という言葉を日常的に耳にするようになったが実感している人はまだ少ないのではないだろうか。
しかし、新型コロナウイルスの感染拡大によって本来の方向性とは異なる形で「働き方改革」が必要な事態となっている。

新型コロナウイルスから身を守るためには密集・密接・密室を避けるソーシャルディスタンスの確保やマスク着用、手洗いの徹底などが挙げられる。ただ、従来通りの働き方で果たしてこれらの行動を意識し、守ることは難しい。

働く人たちの多くは公共機関を利用するため、新型コロナウイルスの感染リスクに晒される。また、会社でも十分なパーソナルスペースを確保できない人が多いのではないだろうか。これらのリスクを回避する働き方のひとつが「テレワーク」である。
「テレワーク」の場合、通勤の必要はなく、家族以外の人間との接触も必要最低限に抑えることができる。

また、通勤時間が削減されることでワークライフバランスを実現しやすい環境となる。一方で労務管理の問題や作業環境の整備などクリアしなくてはならない課題もある。「テレワーク」による作業効率の低下を懸念し、「テレワーク」の導入に消極的な企業も少なくない。

しかし、多くの企業にとって今の「テレワーク」という勤務形態が新型コロナウイルスによって急造された仕組みであり、まだまだ改善の余地がある。終身雇用制度に終わりが近付いているという話もあります。企業に守られているという感覚は捨て、ひとりひとりが自分に合った働き方を探さなくてはいけない時代がまもなくやってくるのかも知れません。

「テレワーク」とは働き方の選択肢の中のひとつです。
「テレワーク」より会社に来て仕事するほうが集中できるという人もいると思います。
少なくとも会社が働き方を決めるのではなく、自身で働き方を選べるようになった時、その影響は非常に大きなものとなるでしょう。

新型コロナウイルスの感染拡大が多くの生活様式を変えてしまいましたが、私たちも変化し、順応していかなくてはなりません。これから時代は成果主義に少しづつシフトしてくと考えられます。自身で効率的に業務を組み立て、休憩時間も含め自身がタイムマネジメントを行う。

労働時間ではなく成果を見せる「働き方」、「テレワーク」はその先駆けといえるのではないしょうか。「テレワーク」で効率的に業務を進めていくために必要な能力イコールこれからの社会で重要視される能力といえるでしょう。